グローバル・サイダー・コネクト

Global Cider Connect(グローバル・サイダー・コネクト)通称:GCCは、南信州シードルツーリズム推進事業の支援とinCiderJapanのコーディネートによって発足された、cider(シードル)を通して世界と日本を繋ぐプロジェクトです。2019年にスタートを切り、2020年10月に正式にキックオフされました。世界初の6ヵ国同時cider醸造コラボレーション。新型コロナウイルスの蔓延によって活動が制限されてしまいましたが、現在もプロジェクトは進行中です。

 

GlobalCiderConnect (Main Logo)

 

Nagano Map (Detail)

GCC 2020-2021の舞台となる南信州エリアは、諏訪湖を源流とする天竜川が南北を貫き、東西に日本アルプスがそびえることから、伊那谷とも称されています。年間日照量の多さに加え、昼夜の寒暖差を強みに、リンゴはもちろん、桃、梨、ブドウ、市田柿(干柿)など多彩な果物が生産されている地域です。地域内で生産されたリンゴから、多様なスタイルのciderが造られています。県内で自社ciderを販売する生産者は、80軒を越えるといわれています。

GCCのチーム

GCC 2020-2021参加国は、アメリカ合衆国、オーストアリア、スペイン、デンマーク、ノルウェー、日本の6カ国です。

 

 

リンク、更新、情報

 

タイムライン

inCiderJapan | Global Cider Connect

  • 2019 Initial idea conception and pitch
  • 2020-10-23 Official launch and kick-off meeting
  • 2020-11 First round three-way meetings
  • 2020-12 Second round three-way meetings
  • 2021-XXX Third round three-way meetings
  • 2021-XXX Fourth round three-way meetings